ぼんぼんお盆~死は、身近だし、存在は、奇跡の積み重ね~

お盆休みに帰省してきました。

もう高齢な父母なので、それなりに病などもありますが。

なんとか、自宅での暮らしを続けられています。

いつまでも元気でいて欲しいです。

 

先祖の代から神様は祝福して下さっている、、、というような御言葉を聞いたことがあります。

あまり意識をしている方はいないと思いますが、実は、死というのは、身近なものです。

戦争や事件事故に限らず、生活の全ては「死」へ通じてしまう、「死」のきっかけになってしまうことがあります。

今、自分が生きている、ということが、とても大きな奇跡と言えますし、

生は、いつ死を迎えるかも分からない、儚い状態でもあります。

 

例えば、親が、自分を産む前に亡くなっていたら、もちろん、自分は存在しません。

親が産まれる前に、おじいちゃんおばあちゃんが亡くなっていたら、当然、親も自分も、存在しません。

おじいちゃんおばあちゃんの親が、、、その親が、、、その親が、、、子供を産む前に亡くなっていたら。

自分は存在しません。

 

医療が未発達の時代、戦争の時代、、、様々な死のリスクを乗り越えて、先祖が命をつないできたからこそ、自分が存在します。

バトンが一度でも途切れてしまえば、自分はいなかった訳ですから。

命の存在は、相当な、相当な、奇跡の積み重ねだったと、言えるのではないでしょうか。

そんなことを考えながら、はるか昔、先祖の時から、祝福して下さった神様に感謝した、お盆でした。

 

神様の視点から、歴史を学びたい方は天運教会にお問合せ下さいm(__)m

天運教会-キリスト教福音宣教会(C...
天運教会-キリスト教福音宣教会(Christian Gospel Mission) 八王子市にある天運教会(キリスト教福音宣教会)の公式サイトです。愛と平和の喜びの輪が広がっていくことを、わたしたちは願っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

door阿房×door4
キリスト教福音宣教会を母体すると天運教会に通っています。
のー神様、のーライフ

目次
閉じる